7月より、土曜午前の外来診療をはじめました!

禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来について

喫煙は肺がんリスクだけでなく、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などについても大きなリスクとなります。
当クリニックでは健康保険適用による禁煙治療を行っております。
“タバコを吸わない”新しい毎日の習慣のために、まずはご相談ください。

ニコチン依存症

タバコ
ニコチンには依存性があり、タバコがやめられない原因の一つです。
「タバコを吸うと落ち着く」といった状態は、ニコチンが脳にあるニコチン受容体と結合し、快感を生じさせる物質「ドーパミン」を大量に放出させているからなのです。
そうして、体内のニコチンが切れると禁断症状のイライラが現れ、そのためにまたタバコを吸うという繰り返しになり、ニコチン依存症になっていきます。

禁煙治療について

はじめに喫煙状況などから、健康保険適用で治療が受けられるかをチェックします。
毎回の診察は禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定したり、禁煙状況に応じてアドバイスをします。
健康保険適用の禁煙治療では、12週間で計5回の診察を受けます。

一酸化炭素ガス分析装置

一酸化炭素ガス分析装置
呼気中の一酸化炭素濃度をセンサーにて検知し、その濃度を測定します。
測定当日の一酸化炭素(CO)の体内への取り込み状況が喫煙状況を反映します。

検査・予防接種の予約やお問い合わせについて

◇外来診療科目一覧◇

合わせてご覧ください。